« シチリア ワイナリー研修 | トップページ | ワイン紀行 ヴァッレダオスタ(Valle d'aosta) »

VINITALY 2011

2011/4/7〜11の間veneto州のveronaで行わているVINITALY 2011 に行ってきた。滞在は近くのガルダ湖のほとりのレジデンスに。連日気温は日中で30度近くなりまさに夏。さらに紫外線が強くじわじわ焼けるような感じだったimpact

P4071351P4071352_2

エントランスをくぐると、イタリアの各州が大きな箱になっており、その中で更にワイナリー毎にブースがあって試飲ができる。 日本で云う幕張りメッセの大展示場のような感じだった。が、しかしただのブースではない。エレガントで豪華なブースはどうみても一つの完璧なエノテカbearing

P4071354 P4071353
レストラン風にアッビナメント(お皿とワインのマリアージュ)もできるし、各州の数量生産の聞いたことのない土着品種も沢山。

ただ、残念なことにここでは小売りはしておらず、認知度を高める事を目的とただけの試飲だった。
客層は、スーツをびしっと決めたワイン関係のビジネスマンや、インポーター、それにマスコミ。聞こえてくる言葉からほとんどがイタリア人のように思えた。

それでは各州沢山試飲した中で特に印象的だったものをご紹介flag

info01MyBestワイン

wineJacuss,フリウリ

珍しいところの「Tazzelenghe」と「Refosco」。なのでもちろんのこと少量生産。特に「Refosco」はタンニンが多い葡萄だが、上質なタンニンに出来上がり、バナナのようなトロピカルな香りが感じられる美味しいワインだった。

 P4081374

wineSOTTIMANO,ピエモンテ

P4091389 P4091390

 

(左)葡萄はドルチェット、バルベラ、ネッビオーロ。特にドルチェットが驚きの美味。というのは、ドルチェットは酸味が多く色が濃いと言われているが、これは酸味も突出しておらずまろやか。上品で余韻も長かった。もちろんバルベラもネッビオーロもhappy02

(右)バルバレスコの3種類の畑(FAUSNONI, COTTA, PAJORE)

ネッビオーロとは思えないほどの上質なタンニン。絹のような舌触りだった。COTTAが一番骨格があり、PAJOREがスパイシーで花の香りが中でも強かった。

wineTESTAMATTA,トスカーナ

DOCG「Burunerro di Montarcino」

wineBulfon,フリウリ

珍しかったのがこのドルチェワイン。葡萄は、左から「モスカートローザ」と「ルチェット」。まさに数量も少数生産の土着品種である。

P4081369

wineMASCHIO (蒸留酒)

シチリアのオレンジを使った蒸留酒。柑橘のさわやかさが心地よかった。まだ世に出回っていないとのこと。チョコレートとのマリアージュがベスト。

P4081379_2

最後に…

ご存知の方もいるだろうか。AISの先生と会場を回った際、光栄にもルカマローニとご対面。この方、ロバートパーカーのように、イタリアのワインの評価を行っている人でこの人の評価は大きな指標となっているらしい。
P4081380 P4081381

他にもオリーブオイルや、チョコレート、お菓子なんかも各地から集まって紹介されていた。
来年はまた開催地が変わるらしいが、機会があったらいつかまた必ず訪れたいと思う。

|

« シチリア ワイナリー研修 | トップページ | ワイン紀行 ヴァッレダオスタ(Valle d'aosta) »

イタリアワイン」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
そろそろ帰国する頃かな?
半年ってあっという間だね。
私はというと、入籍して姓が変わりました。
相手はもちろん、あなたがキューピットのN氏です。
12月の披露宴にはぜひ参加していただきたいので、
帰国したら連絡してくださ~い♪

投稿: D門 | 2011年9月 2日 (金) 04時01分

どうも噂のN氏です。
連絡お待ちしてますm(__)m

投稿: N氏 | 2011年11月10日 (木) 14時10分

おめでとう!!
ほんとびっくりしましたが自分のことのようにうれしいよ(><)

とりあえず来年までは帰れないのでこちらから二人の式を祝福させて頂きたいと思います。

ほんとにおめでと!


投稿: yukari | 2011年11月13日 (日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058710/39565791

この記事へのトラックバック一覧です: VINITALY 2011:

« シチリア ワイナリー研修 | トップページ | ワイン紀行 ヴァッレダオスタ(Valle d'aosta) »