« バルバレスコ Barbaresco | トップページ | カフェの効果 9つのメリット »

ブルゴーニュワインの起源

(紀元前)
5c  イタリアを侵略したガリア人がフランスへ伝播普及させた

  - ローマ帝国の支配とともに更に広がる
  - ワイン産業はブルゴーニュに渡り強化された
  - 当時、麦のビールが盛んでケルト人に愛されていたが、
      ワインはビールの競合のものとして登場

(紀元後)
92年   ローマ帝国の王はフランスでの葡萄栽培が競合するのを懸念し、
    半分抜き取る事を命令
300年 ローマ帝国 Probo王 により、葡萄栽培の自由化
312年 最古とされる文献に、
          Cote d'oro 付近で葡萄栽培がさかんに行われていたとされる
    証言が残されていた
 <戦争期>
5世紀  ローマ帝国 Gundobado王の時代
    (Burgundi:ゲルマン人フランス東南部地方の王)
    戦中の暗黒時代であっても葡萄栽培、ワイン産業が陰ながら続いていた
    メロビング朝の到来(フランスの君主国体制)

〜参考〜
本『Vini E Terre Di Borgogna 』
By  Artevino
     - Camillo Favaro
     - Giampaolo Gravina

|

« バルバレスコ Barbaresco | トップページ | カフェの効果 9つのメリット »

フランスワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058710/63182905

この記事へのトラックバック一覧です: ブルゴーニュワインの起源:

« バルバレスコ Barbaresco | トップページ | カフェの効果 9つのメリット »